底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『in THE ROOM 』

in THE ROOM

今回紹介する作品は『in THE ROOM 』です。
安田 剛助さん原作で、『ウルトラジャンプ』で連載していた全1巻の作品です。

内容:「ルーム(この密室)」からは、生きて出られない。
閉鎖空間に囚われた男女の運命は!? 新鋭が描く極限の脱出サスペンス!!
心に闇を抱えた人間の、無意識下の妄想が具現化した閉鎖空間「ルーム」。出口はなく、怪物が徘徊する「ルーム」から脱出するための方法は2通りある。怪物を殺すか、無意識に「ルーム」を生み出した“妄想の主"を殺すか──。牢獄のような「ルーム」に囚われた男女に、具現化した“主"の妄想が牙を剥く!(Amazonより抜粋)

1話で完全に騙されました!
『BTOOOM!』の主人公そのまんまなキャラが出てきて如何にも主人公面していたので、またネット廃人が現実世界のピンチをゲームの知識でクリアして大活躍する作品だと思っていたのですが、1話のうちで第一の犠牲者になっていて驚かされました。

導入は抜群に良かったのですが、この話を1巻で終わらせるのは無理があったのではないでしょうか。部屋の謎、閉じ込められた人同士の駆け引き、事件の真相等、まるで小説原作のダイジェストを見てるような急展開が続き、どれも表面だけ描きあっという間に終わってしまいました。

良くある設定と人物をうまく使い予想外の展開を見せたり、作品の雰囲気は良かったので、次回作ではもう少し長編作品で見てみたいですね。
スポンサーサイト
[ 2014/08/24 23:17 ] in THE ROOM | TB(0) | CM(0)

『プチプチたんたんプチたんたん』

プチプチたんたんプチたんたん

今回紹介する作品は『プチプチたんたんプチたんたん』です。
氏家ト全さん原作、マガジンSPECIAL2012年5月号から連載中で、現在第1巻まで出版中です。

内容:男子禁制の女子寮にオス(犬)が一匹やってきた! オス犬、「プチ」を飼うことになったJK達の物語。男子禁制なのに男子も登場して、新たなフラグも立っちゃう予感!?(Amazonより抜粋)

基本的に氏家ト全さんらしい下ネタ満載の作品です。今までの氏家さんの作品が好きな人なら今作も楽しめると思います。
今までの作品との大きな違いは、突っ込みが女性という事でしょうか。本作に出てくる男性キャラは1人ですが、ボケと下ネタ担当で全く突っ込みません。個人的には新鮮でしたが、あの性格で女性受けがいいのは少し不自然に感じます。

雰囲気的には好きな作品なのですが、少し残念なのは全体的にキャラが弱い事でしょうか、登場人物が少ない割に抜きん出て印象に残るキャラが一人もいなく、他の作品に比べると常識的なキャラばかりに感じました。

今のところ主要キャラ4人以外はほとんど描かれていないので、今後、寮の先輩や学校の友人等に濃いキャラが出てくるのを期待しています。

『金魚屋古書店』 16巻 感想

金魚屋古書店 16

今回は2014年7月30日に出版された『金魚屋古書店』16巻の感想です。

ドラえもんの表紙から安易に「ドラえもん」の話かと思いきや、「藤子・F・不二雄ミュージアム」の話でした。特別藤子・F・不二雄先生の作品が好きなわけではないのですが、それでも子供の頃は漫画は読んでいなくても、アニメでは藤子・F・不二雄先生のお世話になりました。
恐らく今の子供たちより、その両親の方が「藤子・F・不二雄ミュージアム」を懐かしさ補正もあり楽しめるのではないでしょうか?対してファンでもない私でも一度は行ってみたいと思っています。

今回はアンチ金魚屋の人の話や、夢に破れた漫画編集者の話、記憶障害の人の話等、ちょっとシリアスで重めな話が多めに描かれていました。どれもいい話なのですが、楽しんでは読めなかったので、次巻は軽めで優しい話が多いと個人的には嬉しいですね。

『What's Michael?』が出てくる貸本屋の話の回は、とても癒され良かったです。
[ 2014/08/22 21:10 ] 漫画 金魚屋古書店 | TB(0) | CM(0)

『罪×10 』

罪×10

今回紹介する作品は『罪×10 』です。
山内 泰延さん原作、ガンガンONLINEにて連載中で現在第1巻が出版中です。

内容:「男子高校生の日常」山内泰延最新作! 銀行強盗、痴漢、万引き、ハイジャックなど様々な犯罪にスポットを当てたオムニバスギャグ! そして10個の罪が昇華する時、何かが起こる!?

ノリとしては「男子高校生の日常」と同じ感じですが、男子高校生の方は多少なりともあるあるネタがあったのに対し、こちらの方は完全に非現実的でぶっ飛んでいる感じのギャグ作品です。

基本的に全話共通して脈絡もなく始まり、勢いだけで突っ走る不条理ギャグのオンパレードなので、人によっては全く面白く感じないと思いますが、私的には面白かったです。

不条理ギャグの為、合う合わないがはっきりしていると思うので、購入を考えてる方は無料で読める「ガンガンONLINE」でチェックしてからの購入をお勧めします。
[ 2014/08/21 22:15 ] 罪×10 | TB(0) | CM(0)

『Z ゼット』 2巻 感想

Z~ゼット~

今回は2014年7月19日に出版された『Z ゼット』2巻の感想です。

内容:。発生初期、中期、後期と3つの期をそれぞれランダムに描くという独特の手法で、ゾンビが発生してしまった恐怖と日常の間を描く、人々は、どんな生活をし、何に怯えるのか?

2巻は半分近く女子高生3人組の話でした。それ以外は前作通り単発の短編が続きます。まぁEPISODE.4の登山者のゾンビとか再登場したりしていましたけどね。
しかし、2巻で1番重要だった事はZが昆虫にも感染する事ではないでしょうか?本来だったらこれによって人類は絶望的な状況に陥るはずなのですが、発生後期で蚊対策等何もしていないで社会的生活を維持している事から、抜本的解決策を発見したのでしょう。
まぁ十中八九後付け設定で何も考えていないと思いますがね。そもそも焼却処分が一番の解決策の中で動物だけならまだしも、魚や昆虫まで感染する設定にしてしまったら、今まで描いた発生後期の状況が不自然だと分からなかったんでしょうか。

しかし、私が想像もつかない解決策が今後描かれる可能性もあるので、いい意味で期待を裏切るような解決策がある事を期待しています。

[ 2014/08/20 21:30 ] 漫画 Z ゼット | TB(0) | CM(0)
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。