底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『空の境界 未来福音』

空の境界 未来福音

今回紹介する作品は『空の境界 未来福音』です。
2013年に劇場公開された作品です。

内容:「――よう。追いついたぜ、爆弾魔」
その直後、式は爆発に巻き込まれる。彼には『未来を予見する力』があった。
同じ夏。礼園女学院の生徒・瀬尾静音はひょんなことから黒桐幹也に出会う。
無条件に自分の言葉を信じてくれた幹也に、淡い恋心を抱いた静音。
静音は、幹也に長年培ってきた悩みを打ち明ける。
「わたし、未来が視えるんです」
それから数年後、また暑い夏がやってきた。
瓶倉光溜は雇い主の依頼で、その娘の未那と共に、「未来が視える」占い師の元を訪ねる――。
未来を視る者たちがつくり出す舞台は、多くの主役たちによって回っていく。
幸せは、キミの側に。(Amazonより抜粋)

想像していたより数倍面白かったですね!また、映像と作品の雰囲気を楽しんで終わると思っていたので、良い意味で期待を裏切られました。
TVアニメより話が単純でわかりやすく、見終わった後もモヤモヤしたものが残らず、すっきりと満足感を味わうことができました。

アニメの方は結構複雑に話が入り組んでいて、それぞれのエピソードを理解するのが難しかったように思うのですが、今回の劇場版は裏の事情など分からなくても、この劇場作品単体で十分に楽しめる構成になっていたのでとてもよかったです。

アニメや原作を知らないと多少分らないところがあるとは思いますが、まだ「空の境界」に触れた事のない人で、興味のある方はこの作品から入るのもありだと思います。むしろ、そういう人に見てもらいたい作品でした。
個人的には満点の劇場作品だと思います。
スポンサーサイト

『劇場版 「空の境界」未来福音extra chorus』

劇場版 「空の境界」未来福音extra chorus

今回紹介する作品は『劇場版 「空の境界」未来福音extra chorus』です。
2008年に奈須きのこと竹内崇の同人サークル「竹箒」名義で発表された「空の境界 未来福音」に収録された漫画「1998年」3作品をアニメ化したもので、2013年に映画化された『「空の境界」未来福音』と同時上映されました。

原作を知っているか、アニメと本作と同時上映された「空の境界」未来福音を見ていないと全く内容が分からないし、キャラのやり取りも楽しめないのでこの作品から「空の境界」に触れることはお勧めしません。
また、30分と尺が短く、完全なファンムービーだと思うので原作のコアなファン以外は見なくてもいいような気がします。

個人的には面白かったと思いますが、レンタルしてまで見る必要があったかは微妙な感じでした。
『1998年8月』で式が自分と猫を重ね合わせ幹也に、「ネコ、なめるな!」というセリフは良かったです。
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。