底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『映画 Z 完全版 まだ見ぬ夜明け』

映画 Z 完全版 まだ見ぬ夜明け

今回紹介する作品は『映画 Z 完全版 まだ見ぬ夜明け』です。

内容:バンデミックから3年が経過し、政府から安全宣言が発せられた世界。当時中学生だったカッチンは、Zを駆除する「Z特別処理班」の一員となっていた。彼はある思いに掻き立てられ、3年前と現在の映像を繋げたムービーを作成する。

モキュメンタリー風な話でしたが、前3つの話ですでにお腹一杯・・・。多少新しい映像を盛り込まれても集中して最後まで見る事はできませんでした。
はっきりいって、劇場公開した内容だけで十分だったのではないでしょうか?似たようなシーンを別視点で何度も何度も見せられると、段々鬱陶しくなってきます。

取りあえず映画Zは「果てなき希望」だけ見ておけばいいように思います。
スポンサーサイト
[ 2014/08/16 18:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

『映画 Z 完全版 友情と悪夢』 上・下巻

映画 Z 完全版 友情と悪夢

今回紹介する作品は『映画 Z 完全版 友情と悪夢』 上・下巻です。

内容:中学生のカッチンとムッツーは、侵入した廃墟でZと遭遇してしまう。病院へ逃げ込んだ2人は、先立って籠城していた大人と行動をともにすることに。
閉塞感が漂う中、性への好奇心につき動かされた彼らは、院内の探検に繰り出す。

この2人が中学生っていうのが無理がありますが、話自体はギャクありアクションありで前作の「狂気と天使」編よりは断然面白かったです。

「果てなき希望」編の裏側で、こんな馬鹿なことに命かけていたのかと笑わせてもらいました。
自分の命も危なく、人類が滅亡するかもしれない危機に瀕しても、裸のゾンビの誘惑には勝てない童貞(中学生)の性への探究心w
実際そんな危機的状況の中で裸をみる為に命懸ける馬鹿はいないと分かっていても、自分が中学生の時なら奇麗なゾンビが裸でうろついていると知らされたら探すかもしれないと、わずかでも思わせるリアル感がなんともいえない良さを醸し出していました。

友情と童貞力あふれるくだらな面白い作品でした。しかし、普通のゾンビ作品好きな方にはお勧めはしません。
[ 2014/08/13 18:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

『映画 Z 完全版 狂気と天使』 上・下巻

映画 Z 完全版 狂気と天使

今回紹介する作品は『映画 Z 完全版 狂気と天使』上・下巻です。

内容:ひきこもりの青年・古守にとって、唯一優しい笑顔を向けてくれた看護師の陽菜が、“Z”と呼ばれるゾンビのような存在へ変わり果ててしまう。
それでも妄信的に愛を捧げる古守だったが、生前の陽菜が医師と不倫関係にあったことを知り……。

『映画 Z 完全版 果てなき希望』のメイン舞台が病院の7階だったのに対し、今回の作品は同じ時間軸での病院の6階での話でした。主軸は単行本1巻の第1話の話でしたが、これをメインに1時間半の作品を作ったのは間違いの様に思いました。話が盛り上がりに欠けているのに、アクションシーンなども殆どなく、兎に角退屈な話でした。

前作が期待以上の出来だった為、多少ハードルが高かったかもしれませんが、それにしてもつまらない作品でした。
[ 2014/08/08 21:05 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

『映画 Z 完全版 果てなき希望』 上・下巻

映画 Z 完全版 果てなき希望

今回紹介する作品は『映画 Z 完全版 果てなき希望』上・下巻です。

内容:女子高生のあかりは幼なじみの親友・恵に失恋を打ち明けていた。
他愛の無い会話に興じる二人の日常が一変する──
釣り人に突然、襲いかかった男が二人にも迫ってきたのだ。絶体絶命の二人を救ったのは
一人のアイパッチの少女。少女はナギナタを振りかざし、生ける屍たち=Zを斬り倒した。
しかしZは頭を破壊されても、手足だけになっても襲い掛かってくる!三人は、あかりの姉で妊婦の
香澄と合流し、病院の最上階へ避難するが途中、恵だけが地下へと落ちてしまう。
最上階には屈強な男・山下、公務員・平ら6人が先に避難していた。
絶望的な閉塞感の中、次第に剥き出しになっていく人間性──香澄の死を賭した出産、
隔絶された最上階でのゾンビ化の謎(ゾンビがこの中にいるのか!?)、
疑心暗鬼に陥った彼等は果たして無事に脱出できるのか!?
三人の少女と生まれてきた命の運命は!?

単行本の女子高生3人組の話をメインに他のエピソードからネタを引っ張ってきて、上・下巻2時間くらいにまとめた作品です。
原作がオムニバス形式なのに対し映画は1本のストーリーになっている為、女子高生3人組にスポットが集中してしまい他の短編のエピソードが軽く流されてしまっていたのが勿体なかったように感じます。
しかし、作品そのものは比較的ちゃんと作られていて、邦画のB級ゾンビ作品としてはかなりいい出来だったように感じました。

映画オリジナルだと思うのですが(少なくても単行本1巻には無かった)、蚊による感染の設定だけは個人的に要らなかったように思います。「Z」は動物にも感染するはずなので(原作だと猫がZ化している為)蚊による感染があると3年程度で社会的な秩序が回復することはまずないのではないでしょうか?
まぁ逆に言うと噛まれるだけが感染経路だと、ある程度社会秩序が回復したら「Z」そのものがすぐに撲滅されてしまいそうでは
ありますがね。

原作が好きな方は勿論、ゾンビ作品が好きな人もそれなりに楽しめると思うので、興味のある方見てみてはいかがでしょうか?
[ 2014/08/06 18:00 ] 映画 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。