底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実写劇場版 『Another』 重大なネタバレあり

Another 実写映画

今回紹介する作品は『Another』実写映画版です。
この作品は、綾辻行人さん原作の小説で、『野性時代』に連載されたホラー・ミステリー・小説です。

概要:1998年、春。父の不在や自身の病気療養のため、母の実家に身を寄せ夜見山北中学校に転入してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。不思議な存在感を放つ少女・見崎鳴に惹かれ、接触を試みる恒一だが、いっそう謎は深まるばかり。

回りから聞く評価も悪く、全く期待しないで見たのですが・・・
予想以上に酷い作品でした。叙述トリックを実写でやるのは難しいのは分かるのですが、小説やアニメで一番重要だった、叔母の三神怜子が自分のクラスの副担任である事を、自ら語っているのには驚きました。
私がすごく気になったのは、ヒロインの見ている「死の色」の表現とその力を前半からガンガン使用するところ、最後まで何も説明が無い、なぜか前半だけヒロインに会うと主人公の発作が起こるところですかね。
全体的に雑な作りで突っ込みどころ満載のできでした。
私は『Another』というネームバリューだけで、どんなに評価が悪くても見るのは決まっていたのですが、予想以上に見たことを後悔しました。
感心した点は、第一の犠牲者とナースの死に様で、これは怖さや不気味さをうまく表現できていたと思います。


原作読んだ方が見れば、そのできの酷さにガッカリすること間違い無し、原作読んでない方は作品の面白さ全く分からないと思いますので、誰にもお勧めできない作品です。


スポンサーサイト
[ 2013/02/12 20:00 ] 映画 Another | TB(0) | CM(0)
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。