底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。
カテゴリー  [ 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!

今回紹介する作品は『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』です。
谷川ニコ(原作担当と作画担当の2人組らしいです。)さんの作品で、ガンガンONLINEに連載されています。現在3巻まで出版されていて、アニメ化が決定しています。

概要:空回りしてばかりで痛々しくも切ない喪女(社交性に乏しく、恋愛経験がない女性)の日常を描いた作品。(Wikiより抜粋)

この作品の1・2巻の破壊力は凄まじいです・・・。私は2冊読むだけで1週間くらいかかりました。なぜなら、主人公の痛々しさが自分とシンクロしてしまうからです・・・。本当に何度「プギャー」と本を閉じたか分かりません。フィクションなのに主人公の気持ちが分かるんですよね。ぜひ学生時代ボッチだった人に読んでもらってこの気持ちを共有したいです。逆に、この作品を創作として「面白い」とサクサク読み続けられる人や、「そんなことないだろ」と言える人、全然面白くないと思う人とは絶対親友になれないと思います。
自分の恥部を見てるようで本を閉じた人とは、その時点でソウルメイトだと思っているので、是非友達になってください。

3巻まで進むとあるあるボッチネタが切れたのか、普通にギャグマンガとして楽しむことができました。
自分がリア充なのかボッチなのかの診断の為に一度読んでみては如何でしょうか?

最後に私が共感したベスト3は

3位 教室で「リア充爆発しろ」とか「リア充死ね」とか話している生徒たちに、「私の寿命一年減らしていいからあいつら事故死しねーかな・・・」と考えるシーン。

2位 異性と一緒になった時、緊張で凄い汗を流すシーン。

1位 従妹にいい格好を見せようと、嘘に嘘を重ねて取り返しがつかなくなっていく所。

他にも、休み時間の居眠りの真似がうまくなるとか、修学旅行でのボッチシーンを創造して青ざめるとか、気持ちは分かるというシーンが結構ありました。

スポンサーサイト
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。