底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ダーケストアワー 消滅』

ダーケストアワー 消滅

今回紹介する作品は『ダーケストアワー 消滅』です。
2011年にアメリカで制作された作品です。

概要:モスクワを舞台に、姿なきエイリアンの襲来で人類滅亡の危機に直面した5人の若者たちが繰り広げる決死の戦いをエミール・ハーシュの主演で描くSFアクション。監督はこれが長編2作目のクリス・ゴラック。自作のソフトウェアを売り込むべくモスクワにやって来た若き企業家ショーンとベン。2人がナイトクラブで楽しんでいたとき、突然の停電に見舞われる。やがて彼らは、空から降り注ぐ謎の光が、触れた人々を次々と跡形もなく消し去る光景を目撃する。その現象は世界中で同時多発的に発生していた。姿の見えないエイリアンが、地球への侵略を開始したのだ。辛くも逃げ延びたショーンたち5人の若者は、自らの生き残りと人類の存亡を賭けた過酷な戦いに身を投じていく。

冒頭のエイリアンの降下シーンと、エイリアンの襲撃で人が粉々に粉砕されるシーンがかなり良く出来ていたので、期待してみていたのですが、そこだけが突出して良かっただけで他は目新しさも無く凡作以下の作品でした。

電磁シールドに守られているエイリアンは姿が殆どみえず、銃火器による攻撃も一時的に追い払う程度の効果しかありません、しかし電磁砲でシールドを破壊されると、ハンドガンやエイリアンの破片を投げつけただけで倒せるほど弱いです・・・。
ハンドガン数発で倒せるのはまだ許せたのですが、エイリアンの体の一部を投げつけただけで爆発するのは訳が分かりませんでした。

別の惑星に侵略しに来れて、地上の資源を空から竜巻の様に吸い上げる技術があるエイリアンの攻撃手段が、電磁シールドで身を守り、人を捕獲して粉砕するだけしかないとか、センサーに捕捉されていているのに車の後ろに隠れた後、その車の下に潜りこむだけでやり過ごせるとか、シナリオが余りにお粗末過ぎに感じました。

冒頭の10分~20分がクライマックスでした。そこだけはお勧めできるのでSF好きな人はチェックしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。