底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『フライ・オブ・ザ・デッド』

フライ・オブ・ザ・デッド

今回紹介する作品は『フライ・オブ・ザ・デッド』です。
2010年にアメリカで製作された映画で、「アフター・ダーク・オリジナルズ」シリーズ第2弾となります。

概要:ロードトリップを満喫していた6人の男女が空飛ぶ人食いクリーチャーに遭遇し対峙するサバイバル・アクションホラー。都会に憧れ、田舎町を出ることを決めたアンバー。彼女は5人の友人とともにシカゴへ向かうが、その途中で車が故障してしまう。途方に暮れるアンバー達の前に停車する1台のトラック。シカゴへ向かうという運転手に頼み込み、アンバー達は荷台に乗り込むが…。 (「Oricon」データベースより)

概要で空飛ぶ人食いクリーチャーと書かれたいますが、『30デイズ・ナイト』のような外見がゾンビの様に汚らしい血を吸う生物です。イメージとしてはヴァンパイアなのですが、血を吸って仲間を増やすのではなく普通に子供を産みますし、不老不死でもないです。

余り良い点は思いつかないのですが、始めはちゃらちゃらした今時の軽い感じの友人付き合いにしかみえなかった6人が、仲間を見殺しにして自分だけ助かろうとしたり、自分勝手な行動をしたりしなかったのは、目新しく評価できました。ただし、結構あっさり仲間は死んでしまうので、仲間割れする時間が無かっただけかもしれませんけど。特に主人公の事が好きだった「エリック」は死すら描かれず、後ででてくるのかとも思ったのに、そのままあっさり退場してしまったのは予想外でした。

この手のB級ホラーにつじつまとか整合性を求めるのは間違っているとは思うのですが、主人公たちが携帯をかけると圏外なのに、クリーチャー側が主人公の友人の携帯から主人公の携帯に電話して、その着信音で位置を特定するのは余りに適当すぎると思います。


私はこの作品初見のはずなのですが、最後まで見たことあるようなシーンの連続で、いまいち楽しめませんでした。しかし、ストーリーに多少の目新しさもあり、及第点はいってると思うので、期待しなければそれなりに楽しめると思います。
スポンサーサイト
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。