底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『坂本ですが?』

坂本ですが?

今回紹介する作品は『坂本ですが?』です。
佐野菜見さん原作、エンターブレイン より2013年1月15日に第1巻が出版されています。

概要:クール、クーラー、クーレスト高校生の登場!
この物語は、とあるクール、いや、クーレストな高校生・坂本の学園生活を綴ったものである――。
入学早々、クラスの、いや学校中の注目を集める一人の生徒がいた。その名は坂本(さかもと)。彼にかかれば、ただの反復横跳びは、秘技「レペティションサイドステップ」へと変貌し、上級生からの「パシリ」は、「おもてなし」へとクラスチェンジする。
そんな彼のクールな一挙手一投足から、目が離せない。

もう一から十まで馬鹿馬鹿しいです。どこまでも真面目にスタイリッシュに生活している坂本、その一挙一動に笑わされます。しかし、その坂本に中二心を刺激されて、その恥ずかしい動作を人が居ない時に思わずやってみたくなる魅力があります。私が学生だったら間違いなくスタイリッシュに黒板消したりしたと思います。

話にまともな内容や意味はなく、ただただ坂本に魅了されるだけの作品ですが、勢いとスタイリッシュさで最後まで引っ張っていってくれています。心配なのはこのクオリティを2巻以降も継続できるかということでしょうか。
この手の笑いのポイントを一点に特化した作品、例えば「テルマエ・ロマエ」や「となりの関くん」・「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い」は1巻・2巻がMAXで徐々に疾走するイメージがあるので心配です。
しかし、1巻に関しては間違いなく面白いと思うので、まだ見たことのない方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2013/04/05 18:00 ] 漫画 坂本ですが? | TB(0) | CM(2)
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。