底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『おおかみこどもの雨と雪』

おおかみこどもの雨と雪

今回紹介する作品は『おおかみこどもの雨と雪』です。
「時をかける少女」「サマーウォーズ」の細田守監督により、2012年に日本で制作された作品です。

概要:。“おおかみおとこ”と恋に落ちた大学生の花は、やがて人間とおおかみの2つの顔を持つ“おおかみこども”、姉の“雪”と弟の“雨”を生む。そして雪と雨が人前でおおかみにならないよう注意しながら、家族は都会の片隅でひっそりと、しかし幸せに暮らしていた。そんなある日、突然の悲劇が一家を襲う。花は、雪と雨を人目につきにくい田舎で育てるため、山あいの寒村に移住することを決意するが…。

面白いという声を結構聞いていたので楽しみにしてみたのですが普通でした。むしろ期待してみていた分がっかりしました。
風景は確かに綺麗だったのですが、人物のデザインがCM等では気にならなかったのに、映画では物凄く違和感を覚えました。

私がこの作品を楽しめなかった一番の理由は、「花」が余りに素朴でいい人過ぎて、現実味が感じられなかった性だと思います。
好きになった男性に狼男だと打ち明けられた時、「彼」には違いないからと言って直ぐ受け入れてしまう。「彼」が亡くなった後も子供たちの前ではいつも笑顔で愚痴も言わない。ちょっと人間が出来すぎで、うそ臭く感じてしまいました。

所々面白く感じるシーンはあったものの、私は主人公に感情移入できななかった為素直に物語りを楽しむ事は出来ませんでした。

以下、映画を見ている途中で考え付いた嫌な考察
スポンサーサイト
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。