底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『桐島、部活やめるってよ』

桐島、部活やめるってよ

今回紹介する作品は『桐島、部活やめるってよ』です。
2012年に日本で制作された作品です。

概要:ありふれた時間が校舎に流れる「金曜日」の放課後。
1つだけ昨日までと違ったのは、学校内の誰もが認める“スター"桐島の退部のニュースが校内を駆け巡ったこと。
彼女さえも連絡がとれずその理由を知らされぬまま、退部に大きな影響を受けるバレーボール部の部員たちはもちろんのこと、桐島と同様に学校内ヒエラルキーの“上"に属する生徒たち、そして直接的には桐島と関係のない“下"に属する生徒まで、 あらゆる部活、クラスの人間関係が静かに変化していく。
校内の人間関係に緊張感が張りつめる中、桐島に一番遠い存在だった“下"に属する映画部前田が動きだし、物語は思わぬ方向へ展開していく。

評価が割れている作品の様ですが、総合的には高い評価をしている人が多かったのでかなり期待してみたのですが、私には全く合いませんでした。

始めの同じシーンを何度も登場人物それぞれの視点で見せるやり方は、人物紹介やそれぞれの関係性を手っ取り早く視聴者に理解してもらうのには有効だと思いましたが、私的には同じシーンの繰り返しは苦痛でしかありませんでした。

内容は桐島というバレー部のエースが部活を辞めたらしいという情報によって起こる、生徒同士の混乱が主軸に話が進んでいくのですが、桐島は一瞬カメラに写る程度で全くセリフ等はなく、バレー部をなぜ辞めたのか分からないまま話は終わってしまいます。

私がどちらかと言えば1~10まで説明されている作品の方が好きだと言うこともあるのですが、この作品は余りに話の掘り下げ方が浅すぎたように感じます。
特に、登場人物たちの色々な問題が窺えるのにどれひとつとしてまともに解決していない。解決どころか何でそういう状況になっているのかすら分からない・・・。
見終わった後、モヤモヤした気分にさせられる個人的には「最悪」の部類に入る作品でした。

私の感想としては「つまらない駄作」なのですが、レビュー等を見てみると半数以上の人は楽しめているようなので興味のある方は見てはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。