底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『一週間フレンズ。』 6巻感想

一週間フレンズ。(6)

今回は2014年7月22日に出版された、『一週間フレンズ。』6巻の感想です。

内容紹介:もともと友達だった一と、再び友達関係を築いたほうが、香織にとって幸せなことなのでは――。そう思った祐樹は香織と距離をとりはじめる。その距離感は周りにも少しずつ影響を与えて…。それを知らない香織は、祐樹のことが何だか気になる様子。トモダチ以上、友達未満の青春グラフィティ。セツナ充の第6巻です。(単行本6巻より抜粋)

次巻が最終巻なんですね・・・。来年の4月までお預けとはキビシー!
5巻の感じから6巻は、長谷君と藤宮さんと九条君を中心に話が進んでいくと思っていたのですが、長谷君と桐生君の友情話や出会いのエピソードで攻めてくるとは予想外でした。何より次巻が最終巻なのにこの構成とは驚きです。

最後には絶対長谷君と藤宮さんが付き合うと思っているのですが、告白して終わりで、二人の初々しいデートシーンとかは描かれそうにありませんね。
ここから1巻で終わらせる事を考えると、色々な事が中途半端で終わりそうで少々怖いですが、私の予想を裏切ってくれることを期待し、最終巻が出るまでラストの情報を仕入れないよう頑張ります!
スポンサーサイト

『一週間フレンズ。』 アニメ版

一週間フレンズ。

今回紹介する作品は『一週間フレンズ。』です。
葉月抹茶さん原作、『月刊ガンガンJOKER』にて2012年2月号より連載中の作品で、スクウェア・エニックスより5巻まで出版されています。

内容紹介:綴る、綴る、トモダチの記憶。巡る、巡る、トモダチの記憶。
「でも、私…トモダチの記憶、一週間で消えちゃうの――。」 いつも一人ぼっちでいたクラスメイト・藤宮香織の告げた事実。主人公・長谷祐樹は、それでも香織と友達になりたいと願う。一週間の記憶を綴って、巡って、二人はトモダチになっていく。何度も、何度でも――。「トモダチ」巡る青春グラフィティ、はじまります。(Amazonより抜粋)

私はこの作品アニメになって初めて知ったのですが、予告CMの絵柄だけで、原作が少女漫画だとばかり思っていたので、月刊ガンガンJOKERに連載されていると知ってかなり驚かされました。
少女マンガだと思っていたこともあり、取り合えず1話チェックしておくかと軽い気持ちで見ていたのですが、作画・雰囲気も良く、話も面白くて一気に物語に引き込まれてしまいました。

友達との記憶が1週間しか持たないという重い設定にもかかわらず、物語は深刻になりすぎず、ほんわかした雰囲気で進んでいきます。毎話主人公とヒロインのやり取りに心なごまされ、香織の可愛さにメロメロにされること請け合いです。
個人的には今期アニメ一番のお勧め作品になりました。

原作も5巻まで大人買いしてしまいました。原作漫画は4コマ漫画とストーリー型式漫画のミックスという変わった方法を用いていましたが、基本的にアニメでも漫画でも雰囲気は同じで、どちらもお勧めできます。漫画の方で唯一残念なのは、白黒ページだと香織の髪の色が黒のべた塗りになっている点でしょうか、アニメから入った私は最初ものすごく違和感を感じました。しかし、アニメにはないデフォルメされた香織の姿など、漫画特有の魅力もあるので是非原作の方も手に取って頂きたいです。

ストーリーは、原作は前後で話が続いている4コマとストーリー型が混同していることもあり、細かい前後関係や物語が端折られている感じで、テンポ重視で描かれているように感じました。
それに比べ、アニメの方は大筋で原作に矛盾しない程度に、ストーリーが改変されていたり、原作で描かれていない細かいところまで表現されていて、より一層話が面白くなっているように感じました。

個人的にアニメが大好きなので、原作は3巻の途中でやめてアニメ放送が終わってからコミックスを制覇したいと思います。アニメ、原作両方とも見ていない人は、取り合えず単行本3巻の12話まで読んで今からでもアニメ見て欲しいです。


プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。