底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。
カテゴリー  [ AAAH! ゾンビーズ!! (俺タチだって生きている) ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『AAAH! ゾンビーズ!! (俺タチだって生きている)』

AAAH! ゾンビーズ!! (俺タチだって生きている)

今回紹介する作品は『AAAH! ゾンビーズ!! (俺タチだって生きている)』です。
2007年にアメリカで制作された作品です。

内容紹介:アメリカ西海岸。陸軍の極秘施設では、新種の“超兵士"を作るために人体実験が行われていた。
だが、プロジェクトは失敗し、兵士がゾンビになってしまう。
軍はこの事実を隠すため、実験に使った廃液を樽に詰めて、全て破棄しようとする。
ボーリング場でバイトするティムの元に集まったおバカな若者マット、元カノのヴァネッサ、そしてシンディ。
今日は地域のボーリング大会だ。試合前、マットは勝手に店の売り物のソフトクリームを作り、皆に振る舞った。
ところが、食べた4人が感染して、即ゾンビ化するという最悪の事態に…。
そんな時、ニックと名乗る軍人が、感染の拡大を阻止しようと4人の前に現れるが・・・。(Amazonより抜粋)

この作品はかなり斬新な手法や設定がなされていていました。
まず、ゾンビになった人たちは自分がゾンビになったことには気づかず、ゾンビ同士では会話ができる。しかし、感染していない普通の人に対しては、動きが速く見え、言葉も超早口で聞こえる為理解できない。例外は人間側が泥酔している時でこの時にはなぜか、普通に会話が成立しコミュニケーションが可能。また、ゾンビ側の視点の時はカラー映像で、人間側視点の時は白黒画像で表現する等、変わった表現方法が用いられています。

これだけ面白い設定や表現方法が用いられているにもかかわらず、設定にブレがあり所々矛盾が見られたのが残念でした。また、ストーリーにも捻りがなくいまいち盛り上がりに欠けていました。新しい試みが所々に見られたいただけに、期待しすぎたのが悪かったのでしょうが、見終わった後の感想は凡作だなでした。

しかし、ゾンビ視点、しかも当人はゾンビの自覚なしや、白黒とカラーでゾンビと人間の視点を変えるなどというのは、面白い発想で今まで見たことがなかったので、これだけでも興味を持った方は見て損はしないと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。