底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『僕らはみんな河合荘』

僕らはみんな河合荘

今回紹介する作品は『僕らはみんな河合荘』です。
宮原るりさん原作で、「ヤングキングアワーズ」2010年6月号より連載中、単行本が第5巻まで出版中です。

概要:男子高校生・宇佐和成は親の転勤により、食事付きの下宿「河合荘」で一人暮らしをすることとなった。そこには宇佐にとって憧れの先輩である女子高生・河合律も住んでおり、宇佐は「彼女と共に、穏やかで充実した高校生活を送りたい」と願う。だが彼女は無愛想で、いつも本に夢中で心を開こうとしない。なんとか彼女に近づきたい宇佐であったが、河合荘の住人は律以外も強烈な人ばかり。宇佐はルームメイトで人畜無害なマゾヒスト・城崎、美人だが男運のない面倒くさいOL・錦野麻弓、一見華やかだが実は腹黒という女子大生・渡辺彩花といった住人に振り回される。(Wikiより抜粋)

この作者さん「恋愛ラボ」も描かれていると知り驚きました。アニメだと「河合荘」と「恋愛ラボ」と一緒だなんて思いませんよね。アニメ化されているところまでだと、私は漫画の絵柄よりアニメの方が好みだったのですが、絵柄が定まってきた4・5巻以降だとどちらも甲乙つけがたくなりました。また5巻では今まで以上に面白いエピソードが続き、アニメ好きだった方には原作も是非読んで欲しいです。
特に5巻第2話の宇佐君の罰ゲームと第9話の麻弓さんが最高でした。

アニメありきで書かせて貰いましたが、どちらも面白く原作に忠実にアニメ化されているので、アニメからの続きで原作読んでも問題ないし、原作好きでアニメ見てない方も原作のイメージを壊すことなく(声のイメージは人それぞれなので違和感あると思いますが)見ることができると思うので是非両方チェックして頂きたいです。
スポンサーサイト
プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。