底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『コロンビアーナ』 ネタばれあり

コロンビアーナ

今回紹介する作品は『コロンビアーナ』です。
2011年にアメリカ/フランスで制作されたアクション作品です。

内容:1992年、南米コロンビア。9歳の少女カトレアは、マフィアの大物が送り込んだ刺客によって目の前で両親を惨殺される。カトレアは決死の逃走の末に追っ手を振り切り、叔父のエミリオを頼ってシカゴへと向かう。両親を殺した者たちへの復讐だけを胸に成長したカトレア。15年後、凄腕の暗殺者となった彼女は、殺しの現場にカトレアの花を残してマフィアをおびき寄せる一方、FBIからも追われる身となっていくのだが…。

アクションシーンはいいのですが、シナリオで台無しに・・・。
兎に角シナリオが理解できない雑さでした。少女時代のカトレアがすでにプロ並みにクールで身体能力が高いのですが、その説明は全くなし、暗殺者なる過程をすべてカットし、いつの間にか15年経っていて凄腕の暗殺者になっている。
両親の仇を探す為に殺しの現場にメッセージを残しているにもかかわらず、叔父や祖母をかくまうでもなく日常生活させていて、案の定居場所を突き止められ殺されてしまう。両親の仇を取る為に捨て石にするつもりならまだしも、殺されて初めて自分の軽率さを悔やみ号泣・・・。カトレアさんちょっと馬鹿過ぎじゃないですか?

結局ボスの居場所の突き止め方も、CIA職員を脅してあっさり入手。その時CIAのビルを狙撃しているのに誰も気づかないザルな警備。あまりに都合がよすぎる展開にうんざり。

最後のボスへの復讐方法も、ボスがスピーカーで会話しないで、ハンズフリーイヤホンとか使っていたら犬は待機したままだったんじゃないの?とか、そもそも自分の手で殺さなくて満足出来る事に納得がいきませんでした。

全く私は満足いきませんでしたが、他の人の感想見ていると結構高い評価が多いようなので、興味のある方はみてもいいのではないでしょうか。シーン1つ1つに関しては見どころはありました。
スポンサーサイト
[ 2014/07/19 18:00 ] 映画 コロンビアーナ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。