底の浅いヲタによるジャンルごったまぜ作品紹介

好きな作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『王様ゲーム』

王様ゲーム


今回紹介する作品は『王様ゲーム』です。
金沢伸明さん原作の携帯小説を連打一人さんによりコミカライズされた作品です。E★エブリスタプレミアムにて連載、双葉社より全5巻出版されています。

概要:ある日の夜0時0分に、金沢伸明とそのクラスメイトの元に〝王様〟からメールが届く。そのメールには王様からの命令が書かれており、その命令に24時間以内に従わなければ罰を与えられるという。その日から毎晩0時0分にクラスメイト達にメールが送られるようになり、最初はふざけ半分で王様メールからの命令を実行していたものの命令の内容は次第にエスカレート。そしてとうとう命令に従わなかったためにクラスメイト二人に〝罰〟が下された。それを皮切りにして次々と死んでいくクラスメイト達。迫られる選択、王様の目的は一体何なのか。 果たして伸明たちはこの悪夢から逃れられるのだろうか。(Wikiより抜粋)

携帯小説が原作なので余り深い作品ではないと勝手に思っていたのですが、1・2巻で目茶苦茶引き込まれて、凄い面白い作品に出会ったと思っていたのですが・・・。3巻以降で罰を下され人が死ぬシーンが描かれる様になってきてから、一気につまらなくなっていきました。

始めのうちこそ、王様が誰なのか推理物の様に考えたり、キャラの動向をドキドキしながら読むことができたのですが、中盤以降は100%人間には不可能な殺害方法で人が死んでいき、誰が犯人か考えるのが不毛なことだと気づかされます。更に殺害方法も同じようなものばかりで飽きてきます。

序盤が面白かっただけに中盤以降がよりつまらなく感じられ、王様の正体には「はいはい、そうですか。」状態だったし、ラストも「はぁ?」って感じでした。
面白いうちは気にならなかったのですが、キャラや構図が明らかに「DEATH NOTE」や「バクマン。」に影響を受けていて、作画の力不足を痛感させられます。

2巻まであれほど傑作の匂いがしていたのに、本当に残念な作品です。5巻完結なので興味のある方は読んでもいいと思います。
                        以降ネタバレありのぼやきです。
序盤の罰の目撃者のいない「首吊り」や、クラスメイトのいる中での「心臓麻痺」は、犯人がどの様に殺人を犯しているのか分からなく、殺害方法を考えたりするのが面白かったのですが、3巻以降の「四肢が破裂する」・「首が360度回転してねじ切れる」等から、一気に殺害方法が超常現象染みてきて、サスペンスからホラーに様変わりしたように感じます。

最終的に王様がプログラムで、殺害方法が「暗示」とか失笑ものでした。首吊りや心臓麻痺・窒息死は暗示で可能かもしれませんが、四肢の破裂や、首の切断・人体発火等まで、暗示で説明できていると思っているんですかね?
本当にがっかりさせられました。

主人公とヒロインが暗示を打ち破る方法も、「生きる」と強く願うことって・・・。読者を馬鹿にしてるのかと言いたいです。登場人物谷はみな死にたくないと思っていたのにサクサク死んでいるのに、思いだけで生き残るとかふざけているとしか思えません。暗示と分かった上で、暗示に負けない強い意志が必要だったにしても、王様に勝つと言う強い意志を持っていた「岩村莉愛」があっさり焼死してるので納得できないし、全く納得できない最悪な終わり方でした。

ラストも王様に世界をどうしたいのか問われた主人公は決まっているといい、ヒロインに告白した時に戻っているのですが、この王様に出来る事は暗示にかけることなので、主人公が自己暗示で幸せな記憶の中に逃げただけですよね?何かいい感じに終わらせた風ですが、完全にバッドエンドです。
第2章も出版されているようですが、私はとても買う気がしません。
1・2巻での期待が高かっただけに、本当に残念な作品です。

スポンサーサイト
[ 2013/04/20 18:00 ] 漫画 王様ゲーム | TB(0) | CM(2)
いつも楽しく拝見させていただいてます。
赤坂さまのおかげで、「王様ゲーム」のストーリーがやっとわかりました。ラストが???だったんですよ。

話が見えない恐怖と戦うから、がだんだんグロくなってしまったと思っていたら、同じようなご意見だったので嬉しくなってしまいました。
また、いろんな作品を紹介してくださいね。
[ 2013/04/20 19:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
1巻のできが良すぎて、期待しすぎた性もあるとは思いますが、それでもあのラストは酷すぎでしたね。
この手の携帯小説全体に言えると思うのですが、ワンアイディアで最後まで話を押しすすめるものが多く、奇抜なアイディアで始めは引き込まれるのですが、次第に疾走してしまうものが多いように感じます。
それでもまれに本当に面白い作品に出会うことがあるので、危険な香りがしても買ってしまうんですよね・・・。

なるべく色んなジャンルの作品に触れたいと思っているので、お勧めの作品などありましたら教えて頂けるとうれしいです。これからもよろしくお願いします。
[ 2013/04/21 04:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

赤坂

Author:赤坂
好きな作品、見た作品についてジャンルにこだわらず語るブログです。

1名様ご案内!
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。